歯の重要性

肌や目元を自然に仕上げてきれいなナチュラルメイクをした時に、ちょっと気をつけたいところがあります。
それは、意外と人の目に付くです。
誰かと話している時や笑顔になった時に、自然に白い歯が見えると健康的な印象もありますし、清潔感も感じられます。
逆に歯が黄ばんでいたりすると……ちょっとイメージが悪いですよね。

歯が黄ばんでしまう原因には、タバコによるヤニのや虫歯のほかにも、コーヒーやお茶、赤ワインなどの色素の付着、加齢によるものなどがあります。
普段の生活の中で徐々に歯の黄ばみは進行し、ふと気づいたら色が悪くなっていた、というケースが大半。
メイクのポイントでもある口元にある歯が黄ばんでいては、せっかくのナチュラルメイクも台無しです。
気をつけて、歯も肌と同じようにケアしていきたいですね。

歯のホワイトニング

歯のケアといえば、一番簡単なのは毎日の歯磨きです。
フッ素の入った歯磨きで丁寧に磨けば、徐々に歯もきれいになっていきます。
効果的な歯磨きのタイミングは食後と就寝前といわれています。ものを食べた後の口を歯磨きできれいにして歯垢が溜まるのを防ぎます。歯垢も歯の黄ばみを進める原因の一つですからね。
あと、口臭予防のためにも食後の歯磨きは良いようです。朝起きてからする歯磨きも、夜のうちに増えた口の中の細菌をきれいにすることから、口臭予防の効果があります。

もう一つの方法としては、歯のホワイトニングがあります。
ひどくなった歯の黄ばみは、歯磨きではなかなかきれいにならないもの。そういうときに歯医者さんなどできれいにしてもらうやり方です。
自分ではわからない歯の裏側や隙間など、細かいところもきれいにできますし、一回の施術で白くなるので手軽です。
ただ、あまりに真っ白になってしまうと逆に不自然になりますので、相談してみるといいかと思います。

最近では家庭で簡単にできるホワイトニングもありますので、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク