30代におすすめのナチュラルメイク

仕事にも家庭にも忙しく、しっかりとメイクをする時間もなかなか取れないかもしれない30代の女性。化粧に関する知識も多く、自分に合ったメイクの方法もある程度分かっているかと思いますので、30代こそナチュラルメイクをすると好感度がアップするのではないでしょうか。

30代の方のナチュラルメイクは、肌をきれいに若々しく見せるやり方がおすすめです。色のくすんだ肌は疲れた印象を与え、くまやシミなども年齢を感じさせてしまいますので、厚化粧にならないようにうまく隠し、ツヤのある肌を演出できればきっと好印象になるはずです。

ポイントは肌の色です。化粧の前には水分を補給してハリを取り戻し、ファンデーションには肌をワントーン明るく見せる色を。コントロールカラーで全体、あるいは部分的に補正をしつつムラのない肌に仕上げます。フェイスラインに下地を塗ると首と顔とで色がはっきりと出てしまうので、うまく馴染ませるようにしましょう。
チークは子供っぽくならないように、ピンクやオレンジの濃い色は避けてベージュ系やローズ系はいかがでしょうか。塗る位置を間違えると頬がこけたような疲れ顔になってしまうので、ふんわりと優しい印象になる位置を確かめてみてください。

10代や20代のアイメイクはデカ目やたれ目などはっきりしたやり方が主流ですが、30代のアイメイクはごちゃごちゃしないすっきりとしたやり方がおすすめです。
アイラインは上まぶたにきれいな曲線を描くように。目尻をオーバー気味にかくと若作りに見られるかも。
なので、目を大きく見せるにはアイシャドウを使うのがおすすめです。ブラウン系がナチュラルになりますが、グレーやネイビーといった色も使えます。目の際に、目尻を強めるようにグラデーションにするとくっきりとした目を演出できます。眉尻や目の下にハイライトを入れると目元が明るくなりますよ。
マスカラを使ってまつげの長さをだすと華やかな印象になりますが、ボリュームがありすぎるとギャルっぽくも見えます。
アイブロウは眉毛はぼさぼさにならないようにコームで梳かし、柔らかくアーチを描くと優しい雰囲気になりますよ。

唇は健康的なイメージで、血色がよくなる色目を選びます。チークの色目とあわせて使うと、顔全体に統一感が出てバランスよく仕上がります。
グロスでてかてかにするのは避けたほうがいいかもしれませんね。

年齢を経て、どうしても肌の色が悪く見えがちなのが30代の女性の肌なので、明るく健康的なイメージに見せるのがメイクのテクニックです。
肌のベージュ、血色をよく見せるチークやリップの赤系、肌を明るく見せるハイライトのホワイト、目力を強めるブラウンなどの色をうまくまとめ、全体として若々しさと、大人のきれいを演出できるようなナチュラルメイクに挑戦してみてくださいね。

ハンスキン

保湿クリーム・美容液・ UVカット・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーが1本でOK。
BBクリームの元祖、ハンスキンのコスメでメイクしてみましょう♪


オルビス

大人気の『オルビス』毛穴隠し用部分下地『スムースマットベース』。
ファンデ前のひと塗りで気になる毛穴をカバー。毛穴レスのマットな陶器肌に仕上がります♪


オンリーミネラル

油分を含まない、肌に優しいファンデーション『オンリーミネラル』です。
カラーバリエーションが豊富なのもうれしい、お得なセットです♪

スポンサードリンク