10代におすすめのナチュラルメイク

10代といえばまだ学生の方も多いかと思います。高校生だったら校則が厳しかったり人の目が気になったりで、普段はメイクをすることも少ないのではないでしょうか。
また、休日に少しメイクをするといっても、メイクは初心者で自分に合う化粧の仕方も分からなかったり。

10代のナチュラルメイクはまだまだきれいな肌を活かした、、すっぴんに近い超ナチュラルメイクがおすすめです。素肌を活かして、化粧っ気はださずにメイクをしていない風にみせかけるすっぴんメイクですね。

超ナチュラルメイクのやり方

まず、ファンデーションは使わずにフェイスパウダーで肌のツヤ感をだして、なるべく肌に化粧品の厚みを出さないようにします。肌の凹凸が気になるときには下地を使ってもいいかも。ニキビなどの赤みが気になるところだけはコンシーラーを塗って隠すのもいいですね。
チークはうっすらと、頬の1番高い部分にふんわりと塗りましょう。

アイブロウはラインを引かずに、眉毛を整えることで自然さを残します。はみ出てしまう分はカットして整えましょう。抜いて形を変えてしまうと、後々眉毛の形を変えようを思ったときに眉毛がない、なんてことになってしまうかも。
薄いのが気になる場合には、ラインを引くのではなく眉を一本づつ描き足すような感じで、アウトラインはぼかすようにするとナチュラルに仕上がります。

アイメイクは、アイラインを粘膜にまで塗ってしまうと濃くなりすぎるかもしれません。濃い目のブラウンでまつげをつなげる感じで、黒を使うならまつげの間を埋めるだけにして、できるだけ細く引くようにしましょう。下のまぶたには引かないほうが自然です。
つけまつ毛やマスカラは使わず、ビューラーでカールさせることで目を大きく見せます。

リップは色のあるリップクリームで、ツヤと血色をアップして健康的な唇にしましょう。
口紅はどうしても大人っぽく、派手さが目だちます。グロスも塗ってしまうと唇が際立つかも。また、口角まできちんと線を引くことでしっかりした唇になりますが、今はまだ少しぼかしたナチュラルな唇のほうが好感度は高いと思いますよ。

超ナチュラルメイクのポイント

超ナチュラルメイクの時には、厚化粧に見えるのを避けるために、自然な肌感を活かすことと少しだけ色を濃くするメイクがポイントです。
肌のすくみも目立たない10代の肌なら、ファンデーションで覆わなくても大丈夫。チークや色つきのリップクリームでほんのちょっと血色を足して、若々しさや健康さをアピールしましょう。
それに、しっかりメイクはどうしても肌に負担をかけてしまいがち。若いうちからがっつりとメイクをしていると、積み重なった肌の疲労が20代や30代になってから一気に出てきてしまいます。
10代のうちは美肌をキープするスキンケアのほうに気を配って、ナチュラルなメイクをしてみてくださいね。

前のページへ ←クールメイク ‖ 次のページへ →20代のナチュラルメイク
ハンスキン

保湿クリーム・美容液・ UVカット・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーが1本でOK。
BBクリームの元祖、ハンスキンのコスメでメイクしてみましょう♪


オルビス

大人気の『オルビス』毛穴隠し用部分下地『スムースマットベース』。
ファンデ前のひと塗りで気になる毛穴をカバー。毛穴レスのマットな陶器肌に仕上がります♪


オンリーミネラル

油分を含まない、肌に優しいファンデーション『オンリーミネラル』です。
カラーバリエーションが豊富なのもうれしい、お得なセットです♪

スポンサードリンク