夏のナチュラルメイクの落とし穴

自然さを大事にしたいナチュラルメイクも、場合によっては不足と感じたりしますよね。
特に夏。
照りつける日差しから肌を守るために、汗をかいて崩れてしまわないように、と、ついつい厚めにファンデーションを塗ってしまったり。

それは多分、逆効果です。

厚く塗ったファンデーションはそれだけで暑そうに見え、また皮膚の風通しを妨げることにもなるので余計に汗をかいてしまうかも。
汗をかいた肌は乾燥が進んでカサカサ。化粧の馴染みも良くないので、ますます崩れてしまったり。
化粧直しで重ね塗りをするともう……。

暑いからこそ、見た目は涼しげにさっぱりとメイクを済ませたいもの。
夏に負けないナチュラルメイクって、どうすればいい?

夏のナチュラルメイクのコツ

基本はうすーく、目的に合わせて

強い紫外線には、厚さじゃなく性能で対抗しましょう。
普段使いよりもUVをカットできるファンデーションを選んでみたり、下地でブロックしてみたり。
SPFやPAといった基準値を目安にして、日差しから肌を守りましょう。
効果のある化粧品なら厚塗りする必要はありません。
適量をうすーく、ちょっと重たいなと感じたら、美容液で伸ばしてみるのもテクニックの一つです。

水に負けるな

夏といえば海やプール。
水辺に行くときはもちろんですが、そうじゃないときでも夏はウォータープルーフがおすすめです。
ちょっと動いただけでも汗がにじむ夏は、メイクだってすぐににじんでしまいますよね。
水に強いコスメなら、直す手間も減って肌への負担も減らせますよ。

透明感が一番

素肌感を出すメイクにはやっぱり透明感が大切。
ファンデーションを塗った肌でも、ポイントを押さえれば大丈夫。
Tゾーンや目元、あごなど、光が良く当たる部分を、ハイライトでより明るく見せれば顔色ももっと明るく見えます。
逆に影の部分も意識して濃淡をつければ、立体感もアップ。
ただ、濃すぎる色は厳禁です。
アイライナーは黒じゃなくてブラウン、アイシャドウも少し濃いベージュにして、自然な影を心がけましょう。
けど、チークだけは普段よりも赤みを意識するといいかも。

夏をうまく使おう

夏だからこそメイクに気をつけなきゃ、という部分もありますが、
逆にいえば夏だから使えるメイクのテクニック、というのもありますよね。

日差しが強いからこそ肌の光をもっと見せるのに使えるのが、パールのはいったアイテム。
下地やパウダーでつやつやの肌に、輝き効果はいつも以上です。
健康的で元気に見せるならブロンザーを取り入れてみるのもありかも。
少し小麦色になる程度のブロンザーをファンデーションに混ぜて使えば、日光が良く似合う夏女にもなれちゃいます。

普段と気分を変えてみるのもメイクの愉しみのひとつ。
ナチュラルなメイクなら変化もすんなりと受け入れられるはずなので、
この夏は暑さを逆手にとったメイクに挑戦してみてはいかが?

前のページへ ←春のナチュラルメイク ‖ 次のページへ →秋のナチュラルメイク

スポンサードリンク