スキンケアの必要性 〜 まずは素肌から

肌の機能の中でもスキンケアに欠かせないものといえば保湿
内部に水分を蓄え、蒸発を防ぐことで肌はうるおい、ハリやキメの細かさを保ちます。
肌の状態がいいと化粧ののりもよくなり、自然とナチュラルなメイクになっていくのではないでしょうか。

そもそも、メイクというのは少なからず肌に負担をかけるものです。
紫外線対策やシミやしわ、目の周りのくま、それに大人ニキビといった肌トラブルに対処するためにもメイクは必要な部分も大きいですが、意識して保湿を心がけないと肌はすぐに乾燥してしまいます。

大切なのはスキンケアを意識したメイクと化粧水などでの水分補給、それにメイクを落とす際の正しいクレンジングです。

まず、ファンデーションには紫外線をカットするものや肌にやさしいミネラルファンデーションを。肌当たりのいいコットンやパフに替えてみるのもいいですよね。
最近では無添加のコスメも多くなってきたので、それらを使ってみるのもいいかと思います。

メイクの上からでも使えるミストタイプの化粧水はあると重宝します。エアコンなどで乾燥した肌に水分を補給できるだけでなく、メイクの上から一噴きすることでメイク崩れを防止する効果もあります。
メイク前やクレンジング後の水分補給にも化粧水を。それぞれの適量を肌に、なかなか浸透しにくいと感じるときは、一度にじゃぶじゃぶとつけるのではなく、数回に分けてつけたほうが肌に浸透しやすいかも。

クレンジングはとっても大切です。メイクをしたままで寝てしまうと毛穴はふさがれたまま。翌朝の肌状態は最悪なことになってしまいます。
しっかり落とすならオイルタイプですが、クレンジング力の強さが肌に負担を与えることもありますので、ジェルタイプやミルクタイプのメイク落ちがいいものでもいいかもしれません。
目元や口元は専用のリムーバーで落とすポイントクレンジングもいい方法です。W洗顔で落としきるのもありですが、洗顔後には肌がつっぱったりしないように水分補給を忘れないようにしましょう。

できるだけ肌に負担をかけないナチュラルなメイクをすることは、もともとの肌質を整えることにもつながりますし、水分補給の妨げにもなりにくいでしょう。強いクレンジングを使う必要が少なくなることもポイントです。

スキンケアをすることで素肌が整ってくる

化粧が自然に

メイクやクレンジングでの肌へのダメージが軽減

保湿力がアップ

もっと素肌が整う
という、美肌のサイクルが出来上がるといいですよね。

スキンケアを考えることはどの年代の女性にも大切なことです。
10代や20代の頃はそうじゃなくても、30代・40代になるとどうしても肌は衰えてきてしまいます。
いつまでも美しくあるためにも常にスキンケアを意識してみてくださいね。

スポンサードリンク