地味顔のメイクは?

目や鼻・口が小さかったり立体感がなかったりと、全体にのっぺりとして印象が弱く感じられがちな地味顔さん。
薄めのメイクだと化粧が目立たず、しっかりめにメイクをしてもすっぴんにみられたり。
自分では「今日は派手すぎるかな?」と思っても、回りの反応はいまいちだったりすること、ありませんか?

地味顔さんは、基本的に大人しそうに見られてしまいます。
それは、はっきりとしたラインを強調することで解消できますし、バランスのとれたメイクをすれば印象もよくなると思います。
派手顔さんでは難しいかもしれないクールな印象の涼しげなナチュラルメイクは、コツをつかむことで地味顔さんの魅力をアップしてくれますよ。

地味顔のナチュラルメイク

顔立ちをはっきりとさせ、立体感を出すためのメイクは足し算が基本になります。
アイメイクは目力をつける重要なポイントで、一重のまぶたでもアイラインを引くことで切れ長なシャープな目に、また黒目を大きく見せてでか目にみせることもでき、取り入れていきたいテクニックです。
ただ、極太や囲み目のアイラインは逆効果にもなりがちなので、注意が必要です。
アイラインはまつげを埋めるだけにして、アイシャドウを使ってグラデーションに、目尻側を強めるように入れるやり方もおすすめです。
色はグレーやネイビーで涼しげに、またはブラウンで優しい印象になります。ピンクやオレンジは膨張色なのでぼやけてしまったり、古めかしくなったりして使い方がちょっと難しそうですね。
薄い眉毛も顔を地味に見せる要因になるので、アイブロウペンシルで書き足したりブラシで整えるなどのアイブロウも大切です。

リップメイクも女性らしさを感じさせる大切なポイント。
血色のある唇は元気で健康的な印象を与え、明るいイメージを演出できます。
ブラシを使って丁寧に塗るとムラのないきれいな唇になりますが、リップペンシルで唇のラインを描くと化粧っ気が強くなるかも。
でも、口角はきっちりとつなげるほうが清潔感がでますよ。

ベースメイクは素肌感を残すように、薄めに塗るのがナチュラルメイクの仕方ですが、化粧下地でファンデーションのなじみを良くしないとポイントメイクに負けてしまうかもしれません。
また、仕上げのフェイスパウダーも透明感をだすのに有効です。

鼻が低い、団子みたい、といった場合には、ノーズシャドウを目頭と鼻筋のところに入れたり、鼻筋に沿ってハイライトを入れたりすることでカバーできます。
他にもTゾーンやアイホール、あごの先などもハイライトを入れると光の加減で立体的に見えます。
チークも顔を強調するのに有効ですよ。
ただ、全てを足し算してしまうとバランスが難しく、ナチュラル感もなくなってしまいますので、加減を意識しましょう。

とかく印象の弱いままの顔は、疲れた印象や老けて見られる原因にもなります。
ナチュラルメイクとはいえ、すっぴんとは違う元気さと健康と明るさを演出して、印象に残る魅力的なメイクに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク