全身に使えるコスメ

自然からの恵みであるピュアオイルは、食用にも使える安心な素材です。それを化粧品用に配合してあるので安心して全身に使えますよね。
特に効果があるとされている使い方とおすすめの種類を紹介します。

オイルの使い方

スキンケアに

スキンケア

お風呂上りの水分が豊富な時に、適量を手にとって肌に馴染ませます。伸びがいいので、べたべたしないようにまずはちょっと少なめで塗り広げましょう。夜寝る前に目元や口元に塗ると、翌朝には保湿効果で潤いが実感できると思います。
デコルテにも軽く塗って、きれいな胸元を。ハンドケアには、手を洗った後にかさかさな部分を重点的に揉みほぐすような感じで塗っていきましょう。

おすすめ : シアバター
シアバター 他には
マンゴーバター
ココナッツオイル
ホホバオイル など

ヘアケアに

ヘアケア

シャンプーの15分位前に頭皮に揉み込み、できれば蒸しタオルでヘアーパックをすれば毛穴の汚れなどをすっきりとさせることができます。
シャンプーの後のトリートメントとして髪に馴染ませると、ドライヤーの熱からも髪を保護してはりとこしを整えてくれます。また、時間がたってからも乾燥を防いで、艶のあるきれいな髪の毛が保てますよ。

おすすめ : ツバキ油
キャリアオイル 他には
セサミオイル
ホホバオイル
オリーブオイル など

メイクに

メイク

メイクのちょっと前に肌に塗って10分くらい浸透させておくと、オイルの保湿効果で肌の乾燥を防いでくれます。また、酸化しにくいピュアオイルは、化粧下地として化粧の持ちをよくする効果にも期待できます。
パウダーのミネラルファンデーションをお使いなら、オイル溶きすることでリキッドファンデーションとして使うこともできます。他の乳液や美容液などにちょっと混ぜてみるのも効果がありそうですね。

おすすめ : ホホバオイル
ホホバオイル 他には
エミューオイル
馬油
マカダミアナッツオイル など

クレンジングに

クレンジング

メイクの上からオイルを塗ってくるくると指で馴染ませます。油分は化粧品と馴染みやすいので、手でこすらなくても大丈夫です。
メイクが浮いてきたらティッシュやコットンなどで拭きとります。拭くというよりは吸わせるという感じで、軽く押し当てるようにしましょう。汚れを落とした後には、できれば蒸しタオルを用意して、オイルを浸透させるようにするとより効果的です。
仕上げに石鹸で洗顔をします。肌が荒れているときは蒸しタオルで拭くだけにしておいても大丈夫です。

おすすめ : オリーブオイル
オリーブ 他には
ホホバオイル
アルガンオイル
アプリコットカーネルオイル(杏仁油) など

スポンサードリンク