『クレンジング』はとっても大事

ナチュラルメイクとはいってもコスメは色々と使いますよね。
ファンデーションやリップスティック、マスカラやアイライナーなど。なるべく薄めにつけたとしても、肌には少なからずダメージを与えますよね。

付けたら取る。
これってとっても大切なんです。
クレンジングできれいに落とすのは、メイクをきれいにするのと同じ位にメイクのテクニックの基本なんです。
ごしごしこすったり、強すぎるクレンジングで肌に負担をかけてしまったり。ましてやメイクをしたままで寝てしまったりすると、一番肌の代謝が活発になる夜の間中、肌に油の膜を張ったままにしてしまうこと。肌荒れの原因にもなりますし、翌朝のメイクののりにも影響を及ぼします。
せっかくきれいにナチュラルメイクをしたはずなのに、思ったよりうまくできてなかったりすぐ崩れてしまったり。
それって、クレンジングが原因かもしれませんよ。

クレンジングは、メイクを浮かせて落とすコスメ用品。
化粧品は主に油が原料になっていることが多いですから、油を落とすためのもの、ということ。
でも、が落ちるということはも落ちるということです。
皮脂の分泌は乾燥を防いで保湿を助ける大事な肌の機能。
適度な皮脂の分泌はスキンケアのためにも大切なんです。
乾燥肌も、自然に出てくる皮脂を過剰に落とすことから水分の蒸発を促進してしまうことが原因の一つだったりします。

正しいクレンジングのやり方とは、メイク落としと一緒に水分補給も考えるクレンジングのこと。
オイルタイプやミルクタイプ、ジェルタイプなどからクレンジングを選んで、口元や目元には専用のポイントリムーバーを使ったり、毛穴の汚れには洗顔石けんを使ったり。肌質に合わせてクレンジングをした後で、化粧水や美容液での保湿成分の補給もセットにして行いたいですね。

基本となる素肌がきれいになると、メイクの仕上がりも格段に変わります。
すっぴんのままでもきれいな素肌なら、すっぴん風のナチュラルメイクも仕上がりが見違えるはず。
より自然で魅力的になることうけあいです。
そのためにも、日々のスキンケアの一環として、よりきれいなナチュラルメイクの基礎作りとして、クレンジングの方法を見直してみるのはいかがですか?

前のページへ ←メイクの直し方 ‖ →トップページへ

スポンサードリンク