『メイクの色』の使い分け

化粧品を買うときには、品質やコスパとともに色選びも重要なポイントです。
自分に似合う色、自然に見える色、魅力を引き立てる色。
目的によっても選ぶ色は変わりますし、そのときの流行の色もあります。
悩んじゃいますよね。

色の選び方には色々な方法がありますが、まずは失敗の少ない基本色を選んで自分がどう変わるのかを確かめつつ、ポイントで挿し色を使ってみるようにしてはいかがでしょうか。

ナチュラルメイクの際には、肌がもともと持っている色味にあわせるのが基本です。
ベージュ系やブラウン系、オークル系のファンデーションにハイライトにはワントーン明るめの色、ワントーン暗めの色でアイシャドウ、それにピンク系やオレンジ系のリップやチークですね。
アイライナーは黒が多いですが、ブラウン系のものやベージュ系のものもあります。
いずれも地肌の色や唇の血色とそう遠くない色味ですので、全体としてバランスのとれた感じになると思います。
ただ、目立ちにくい色でもあるので、もっとはっきりと発色させようとして塗りすぎてしまうとナチュラル感がなくなってしまうので注意しましょう。

メイクの色選びの応用

基本色のコスメを一通り揃えたなら、カラーにも幅を持たせてみましょう。
コスメの色選びの参考となるものにパーソナルカラーというのがあります。
髪や目、肌の色からその人に似合う色の傾向を教えてくれる指針となる診断で、イエローベースやブルーベース、またはフォーシーズン(春夏秋冬)で分類できます。服選びにも使えたりしますので、一度詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

色相リップスティック

イエローベースの方は暖色系が似合う方。
レッドからオレンジ、それにグリーン系などが似合う色とされています。
ブルーベースの方は寒色系がぴったり。
レッドからパープル、ブルーなどの色味が合うかと思います。
それから、それぞれに明るめの鮮やかな色が似合うタイプ(イエベなら春、ブルベなら冬)、暗めのくすんだ色がに合うタイプ(イエベは秋、ブルベは冬)があります。
なかなかイメージしにくいかと思いますので、手持ちの物で近い色を選んで顔に合わせてみてくださいね。

また、カラーには補色という関係もあります。
それぞれの色を際立たせる、相性のいい色のことですね。
色相図でいう対角線にある色で、イエローにはパープル、グリーンにはピンクといった感じです。
アイシャドウの色を際立たせたり、チークの発色を高めたりする目的でちょっといれてみたりという使い方ができ、メイクの効果をぐんとあげるテクニックとして有効です。

もともと色には様々な力があります。
気分を盛り上げたり逆に落ち着かせたり。自分の気分を変化させるのもそうですし、また相手も元気にさせたり楽しい気分にさせたりと、その影響力は大きいものがあります。
上手に色を使って化粧をできれば、きっとメイクがもっと楽しくなりますよ。

前のページへ ←童顔さんのナチュラルメイク ‖ 次のページへ →メイク崩れを防ぐ

スポンサードリンク