『リップメイク』の方法

唇は顔の中でもとっても目を引くパーツの一つです。女性の色っぽさを表現する大事な場所でもあり、ナチュラルメイクのときでもリップはしっかりと主張させることでメイク全体を引き締めることができます。
その分リップのメイクがおざなりだとだらしない印象を与えてしまうので、しっかりとポイントを押さえていきましょう。

リップクリームで保湿
唇の乾燥やひび割れは気になりますよね。メイクしていないときもそうですが、リップを塗る前に数分間塗っておくのも効果があります。うるおってきたらティッシュオフしてくださいね。
リップコンシーラーでベース作り
唇の縦ジワをなくし、滑らかにするためにもリップコンシーラーを使います。発色もよくなるので、唇の色がきれいになりますよ。
リップライナーでラインをとる
唇の輪郭をリップライナーで書きます。口角がきちんとつながっていることを確認してくださいね。
色はもともとの唇の色に合わせるとナチュラルになります。これから塗るリップの色に合わせると、はっきりくっきりしたリップにできます。
口紅を塗る
ライナーでとった輪郭の中を塗りつぶしていきます。ムラにならないようにまんべんなく。塗った後はティッシュを使って余分な分を落としてから、重ね付けをして色を調節します。
グロスでぷるぷるつやつやに
最後にグロスで唇をぷるぷるに。真ん中に厚めに塗るとつやが出て唇が立体的になります。

リップメイクはしっかりとラインをとってはみ出さないようにするのが一番のポイント。特に口角の部分は、きっちりと塗れていると清潔感がアップ。ちょっと上げ気味にすれば小顔効果にも期待できます。

おまけの情報として、男性が女性のメイクで気になる部分はアイメイクとリップメイクだそうです。
つまり、うまくリップメイクができていたらそれだけポイントが高いということ。
慣れてきたらリップペンシル+グロスでヌーディなリップにしてみたり、コンシーラーと合わせて唇の形を変えてみたりと応用もしてみて、リップメイクを楽しんでくださいね。

前のページへ ←アイシャドウの塗り方 ‖ 次のページへ →チークの入れ方

≪24h cosme≫ テイストミーリップスティック

天然にこだわった、口に入っても大丈夫なのにかわいいリップスティック♪

≪24h cosme≫ テイストミーリップグロス

口に入っても気にならない。フードレベルで開発された天然色素のリップグロス♪

スポンサードリンク