『アイシャドウ』の選び方と塗り方

アイシャドウは、外国の女性に比べてのっぺりとした印象を受けがちな日本の女性の顔に凹凸を与えて、立体的に仕上げてくれるアイテム。でも、色の選び方や使い方によってはいかにもな化粧になってしまいます。
パーティメイクのときにはあえて強調させるテクニックも有効ですが、ナチュラルメイクで仕上げたいときにはバランスと色の選び方も大切になってきますよね。

やっぱり基本は肌の色に近いものを。
ベージュ系はもともとの肌の色に近く、塗っても目だちにくい印象がありますが、引き締めにブラウン系を使うと奥行きをつけられると思います。

けど、ブラウン系にも色々な種類がありますよね。
赤味の強いブラウンは比較的に主張が強く、塗ったところを膨張させる感じがあるので、すっきりしたまぶたの一重や奥二重の方にはおすすめ。逆にふっくらしたまぶたの方だと腫れぼったく見えるかもしれないので、黒味の強いタイプで収縮させる感じがいいかと。
あと、自然な血色を演出するピンク系やオレンジ系もあるとナチュラルメイクがしやすくなるかと思います。

いずれの場合も、濃い色は塗りすぎると派手になってしまうので、挿し色程度に目元にちょこっとだけ。目尻側にポイントを置いてすっきりと、目頭側には明るめの色を使って、ベースの色ともうまく合わせてグラデーションにするとナチュラルに見えます。

ナチュラルアイシャドウ

アイシャドウの塗り方

アイシャドウを塗る前には、アイシャドウベースを使うのがお勧めです。
アイシャドウが定着して発色がよくなる上に、メイクがよれたり粉っぽくなるのを防いでくれる効果も。
ベースによって目元をすっと明るく見せられ、さらにシャンパンゴールドのハイライトを使えば目元の色をワントーン明るく、くすみも飛ばしてくれます。

アイシャドウは、チップやブラシなど幅の広いものでさっと塗ったほうがきれいに仕上がります。クリームアイシャドウなどは指の腹を使ってちょこんとつけるやり方もありますが、やっぱり道具を使ったほうがむらにならずにきれいに塗れると思います。
同じパレットにある複数色を使うときれいですが、色味によってはしっかりメイクに見えます。
肌に馴染む同系色の、アイホール用の薄い色、目の際用の濃い色をうまく使って自然なグラデーションを作るとナチュラルに仕上がりますよ。
テクニックとして、下まぶたの目尻側にほんの少しだけ同じ色をつけると馴染みが良くなることもあります。
また、ホワイトやベージュなどで涙袋を強調するとよりかわいくアイメイクができると思います。

アイシャドウの色選び

アイシャドウやアイシャドウベースを選ぶときには、事前にパーソナルカラーを確認しておくといいいかもしれません。
自分の肌の透明感を出してくれる、魅力的に見せる、個性を引き出してくれる等々、きっと自分に似合う色を見つけられますよ。今までは避けていた色が自分の隠れた一面を発見させてくれる、かも。
おおまかにはイエローベースとブルーベースがあるので、それだけでもチェックしておいて、次に選ぶアイシャドウの色を決めてみましょう。

前のページへ ←アイブロウの使い方 ‖ 次のページへ →リップの塗り方

スポンサードリンク