『アイライン』の引き方

アイメイクの要でもあり、メイク前とメイク後での印象をガラッと変えるアイライン
それだけに、引き方しだいでは化粧をしてる感が強く出てしまう場所でもありますよね。
自然にきれいに、ナチュラルメイクの雰囲気を残すアイラインを引いてみましょう。

アイライナーの種類
ペンシルタイプは描きやすく、また濃淡を調節しやすいのでナチュラルメイクにはぴったり。
リキッドタイプは濃くなりがちですが、のりがいいので細く繊細なラインが引けます。
どちらを使うにしても、ラインを引く幅と範囲を決めて、目立たせすぎないようにしましょう。
アイライナーの色
一般的な黒は、もっとも引き締めの効果が強く目力もアップします。
それだと濃いと感じる場合には、ブラウンネイビーを使ってみてはいかがでしょうか。
一重まぶたや奥二重まぶたの場合、あるいはチークやリップ、髪の毛の色などで合う色も変わってくるかと思いますが、基本的にはアイシャドウと併用したブラウン系がナチュラルに仕上がると思います。
アイラインを引く
ナチュラルに仕上げることを目標としていますので、アイラインを引く場所はまつげのラインです。
まつげの隙間を埋めるように、ちょんちょんと置いてくるような感じでアイラインを引いていきましょう。
一気に引くにはある程度の慣れが必要なので、初心者はあせらずにゆっくりと。
目の形に合わせる
丸みを印象付けてでか目のかわいいイメージ、目尻を強調して切れ長でクールなイメージ、下のアイラインと合わせてたれ目のフェミニンなイメージと、目の形に合わせてアイラインを引いていきます。
魅力的な部分をより魅力的にするわけですね。
最後に鏡でチェック
アイラインを引いたあとは、見え方を鏡でチェックします。
目を開けたとき、前から、横から、目を閉じたとき、それぞれに見え方が違ってきますので、三面鏡などを使ってしっかりとチェックしましょう。

アイラインを引くときには、チップか綿棒を一緒に用意しておくといいかと思います。
濃くなりすぎたラインを薄めたり、少しぼかして自然な感じにしたりと使い勝手はいい道具です。
アイラインがすぐににじんでしまう場合には、ラインを引いた上からアイシャドウやお粉を重ねると定着が良くなります。アイラインの前のベースもしっかりと作っておくとより崩れにくくなります。
もう一つ、アイラインを引いたときにはビューラーを使ってまつげを上げておきましょう。
マスカラまではつけなくても、まつげを上向きにすることでアイラインがうまく馴染んで見えますよ。

前のページへ ベースメイクの方法← ‖ 次のページへ →アイブロウの使い方

≪リバイタラッシュ≫ リバイタラッシュ アドバンス 3.5ml

自分のまつ毛でアイラインを演出するために、まつ毛の美しさと健康を考えて作られました。
「濃くなった」「まつ毛にハリが出る」「まつ毛が伸びる」と大人気のまつ毛トリートメントです。

スポンサードリンク