『クールメイク』でかっこよく

ナチュラルメイクは素肌に近いカラーでメイクをするのが基本ですが、ちょっと応用して寒色系の色を使ってみるとクールさがアップします。
使うのは主にアイメイクで。
グレーや薄いブルー、グリーンなどのアイシャドウで目元に涼しさを。さらに切れ長でシャープな瞳を意識すると、普段のナチュラルメイクとはまた違った、知的で大人な自分を演出できます。
基礎はナチュラルメイクなので、自然さを損なわないようにニュアンス程度に色をのせていきますが、それでも印象がぐっと変わって見えるはずですよ。

クールメイクの仕方

ファンデーションは質感を
上品な印象のマットなファンデーションで肌の質感をだします。いわゆる「陶器肌」を目指すのですが、塗りすぎるとナチュラル感がなくなるので気をつけましょう。
ハイライトで立体感を
のっぺりとした印象にはしたくないので、TゾーンやCゾーンにハイライトを入れて立体感を出します。眉の下や目の下も立体感を出すポイント。クールな印象を強めるホワイトを使ってみると、バランスがよくなるかも。
アイシャドウでクールさをアップ
クールメイクの仕方クールメイクは目元がポイントです。寒色系の色を使ってアイメイクを仕上げてみましょう。ブルーやグリーンを使うときには、ベースには補色(オレンジやピンク)を使ってみると色を際立たせることができます。
また、目頭や下まぶたにもハイライトをいれるとさらに効果が期待できます。
アイメイクも合わせて
アイラインに黒を使うときつくなるかもしれないので、ネイビーやブラウンを使ってみてはいかがでしょうか。
また、寒色系の色は収縮色なので、マスカラやビューラーでまつげをカールさせて負けないように。目尻側にポイントをおくと切れ長の大人な目になります。眉毛もシャープにしあげてバランスをとりましょう。
リップメイクもりりしく
リップライナーできれいなラインのすっきり唇を目指します。口角がきれいだとかっこよさもアップ。さらっとハイライトを入れてみてもいいかもしれませんね。

もともとの肌にない色を使うクールメイクは、ともすればメイク感が前面に出てナチュラル感がだしにくくなります。クールでしかもナチュラルに、というのはなかなか難しいことですが、ぼかしや色の使い方、見せ方で変えることはできます。
透明感のある涼しげなクールメイクでかっこよくなれるように、自分に合う方法を色々と試してみてくださいね。

前のページへ ←スマートメイク ‖ 次のページへ →10代のナチュラルメイク

スポンサードリンク