派手顔のメイクは?

目鼻立ちがはっきりしている、眉が濃い、彫が深いなど、顔を構成するパーツの印象が強く、しっかりとした雰囲気を与えるのが派手顔さん。
化粧で目力をつけなくても目元がはっきりとしているので、ちょっとアイメイクをしただけなのに、ケバく見えたり厚化粧に見られたり。
また、自分ではそう思ってないのに、まわりからそう思われてたり、なんてことはありませんか?

基本的には、派手顔さんには美人な方が多いように思います。
顔の立体感をつくる、アイラインを引いたような目、口紅を塗ったような唇、ノーズシャドウを入れたような鼻は、それだけで魅力的に見えるものです。
その利点を生かして、ポイントでメイクが浮いたりしない、ナチュラルなメイクをする方法を紹介します。

派手顔のナチュラルメイク

ナチュラルメイクの基本はやっぱり肌。
きれいな肌は、はっきりとした二重や高い鼻に負けない存在感を与えてくれます。
ただ、マットな感じのファンデーションでは全体的な化粧っぽさを底上げしてしまい、しっかりメイクにみられてしまうかも。
ベースメイクは顔の中でも面積の広い部分にするものなので、ここは素肌感を残すために、透明感のあるタイプのファンデーションを使ってみましょう。化粧下地をコントロールカラーとして使い、色味を変えてみるのもおすすめです。

アイメイクで陰影の濃い部分にさらにシェーディングを足すと、場合によっては強すぎる印象を与えます。
なので、黒は使わずにベージュやブラウンを使ってみてはいかがでしょうか。
目の際にほんのりとグラデーションをいれて、丸みを演出する優しい印象になると思います。
太い眉毛も顔を濃く見せる要因なので、はさみやツイーザーを使って細身に仕立てるといいでしょう。
直線的なアイブロウならしっかりとした目元に、山なりにアーチを描けばかわいい目元になりますよ。

リップメイクは、もともとの色に合わせて選ぶと自然ですが、赤味が強いと感じる場合はリップコンシーラーなどで基の色を消してからピンクやオレンジを塗ると、発色もきれいにトーンを落とせます。
ブラシを使うとラインがくっきりとしますので、指を使ってぽんぽんと置くようにして塗ると自然にぼかせて、馴染みやすいかと思います。

メイクをするときには、足し算や引き算をするといいといいます。
足りない部分には足し算を、強いと思う部分には引き算を、といった具合です。
地味な顔立ちだと思っている方はアイメイクやリップメイクでパーツを際立たせてはっきりとした目鼻立ちを作りますが、派手だと思うときにはぼかしたり消したりして印象を弱めるのもメイクのテクニックの一つです。
メイクの愉しみは、自分を変えられる愉しみ。
地味顔さんがポイントメイクで変身を愉しむように、派手顔さんも自分の魅力を生かすメイクを愉しみましょう。

スポンサードリンク