秋のナチュラルメイク

季節が変わって秋になると、まず変わってくるのが服装。
学生なら制服が変わるし、大人になってからも、いや、大人になってからのほうが衣替えに神経を使うかもしれませんね。
今年の秋冬物を手に入れたなら、やっぱりその服に合ったメイクに変えたいもの。
また、去年の服を着るにしても、メイクまで一緒じゃ代わり映えがしませんよね。
大きく変える必要は無いものの、ちょっとづつ変化を加えて「今年の秋のナチュラルメイク」に挑戦してみましょう。

秋のナチュラルメイクのコツ

夏の名残を引きずらない

というのは、夏に買ったコスメを使うなということじゃなくて、夏に日差しで受けたダメージを残さない、ということです。
強い日差しを受けた肌は、紫外線対策をしっかりしていたとしても疲れているはず。
そこに秋の空気がやってきて乾燥が進むと、どっと肌が荒れてしまうかも。
いつにもまして保湿に気を使って、水分をキープしましょう。
秋は、基本のスキンケアがとっても大切な時期なんです。

ちょっと落ち着いた色目で

秋といえば紅葉のイメージ。
メイクにもブラウンやベージュの落ち着いた色が基本ですが、赤味のある色を差し込むといいです。
アイシャドウにピンクを足してみたり、チークの色を変えてみたり。
一部分に差し色を使ってかわいくしたら、そのほかの部分はシックに落ち着いた雰囲気にするとバランスがよくなります。
他にも相性の良い色としては、カーキやパープルなど。
差し色の主張が強すぎると派手になってしまうので、あくまで控えめに使ってみてくださいね。

アイブロウで差をつける

眉毛はとっても大切なメイクのポイントです。
流行り廃りはありますが、今だと自然な感じの太目の眉が好感度が高いようですね。
キレイなアーチを描いた眉毛は、顔全体の印象をぐっとやさしくしてくれます。
グラデーションをつけて目尻を少し濃い目にすると、顔が引き締まって小顔に見える効果もあります。
ただ、色を濃くすると思ったよりも太く見える場合もあり、かえって野暮ったくもなるので要注意です。
きちんと確認して、効果的な眉の太さを心がけましょう。

全体のイメージとしては”チョコレート色”がおすすめ

漠然とした話ですが、春がパステルなイメージだとすれば、秋はシックでちょっとダークなイメージ。
自然とブラウン系がおすすめの色になりますが、何をモチーフにするかで気分も変わってきますよね。
先ほど秋は紅葉といいましたが、枯葉の茶色をイメージしてメイクをしてしまうと気分もかさかさで沈みこんでしまいます。
どうせならちょっとかわいく、甘い茶色の”チョコレート”をイメージしてみましょう。
目元の色や肌の色、シェーディングやハイライト、全体としてスイートな印象を与えられるように意識してみると、秋色のコスメもしっくりとくるのじゃないでしょうか。
あ、ビターな苦味のアクセントも忘れずに。

前のページへ ←夏のナチュラルメイク ‖ 次のページへ →冬のナチュラルメイク

スポンサードリンク